ユンボにまたがって

聴いた音楽の感想等々

Teenage Wrist 「Chrome Neon Jesus」

2018年発表のLA出身のスリーピースバンドによるデビューアルバム。

 

90年代の様々なオルタナグランジ界隈やハードコア系統からの影響が感じられる。シューゲイザーのように轟音かつファジーなギターサウンドとダイナミックなドラム、そしてグランジのように気怠げなオルタナ調のメロディがジャケットにあるかのようなメランコリーな雰囲気を醸し出している。アルバムのオープニングを飾る表題曲の「Chrome Neon Jesus」では静かなイントロから強烈なファジーなギターサウンドが展開していき、途中日本語のポエトリーディングが曲の気怠げなメランコリーな雰囲気を更に加速させる。また「Swallow」ではディストーションの金属的な激しい熱いギターソロが魅力的である。ただ轟音というだけでなく「Supermachine」では静かなアコースティックギターもある。それにより激しいドラムと轟音が更に際立っている。シューゲイザーのような轟音だけでなくDinosaur Jr.のような図太いベースと感情的なギターソロ、スマパンDeftonesのようなファジーな音が心地よい。最近のオルタナバンドの中でも注目していきたいバンドの一つだと思う。

f:id:tortillarhcp:20180328224925j:image

8.7/9.0