ユンボにまたがって

聴いた音楽の感想等々

SWARRRM 「こわれはじめる」

2018年発表の5thアルバム。

 

神戸出身のグラインドコア、激情ハードコアバンドの4年ぶりのアルバムである。様々なアンダーグラウンドシーンのバンドとスプリットを出してきた彼らの最新作は、強烈な怒涛のブラストビートや生々しい音で録音されたギターの上に絶妙なバランスで乗っかる耳に残るメロディーのボーカルが楽曲の完成度を高めている。耳に残るメロディーだからといって楽曲の攻撃性は無くなったわけではなく、唸るようなボーカルであるため圧倒的な攻撃力がある。また音楽性は暴力的であるにも関わらず、「ここは悩む場所じゃない」や「愛のうた」、「明日に向かって歌え」などメッセージ性が強い歌詞が多く、否定的な歌ではなく前向きな歌を力強く歌っている弱者に寄り添うような攻撃的で儚げなボーカルである。一方では「影」のようにカオティックな破壊力を持った曲もある。汚さの中に美しさがあり、狂気の中に正気があり、絶望の中に希望があり、騒音の中に静寂があるかのような矛盾するような表現しか出来ず、言葉に表すのが難しい。グラインドコアや激情ハードコアに含むことが難しい素晴らしい1枚だ。わずか42分であるが強烈なメッセージを携えながら暴走して駆け抜けていく。

f:id:tortillarhcp:20180501174349j:image

9.0/10.0