ユンボにまたがって

聴いた音楽の感想等々

Svalbard 「It's Hard to Have Hope」

UK発の女性ギターボーカルによる激情系ポストハードコア、ポストメタルバンド2018年発表の2ndアルバム。

 

初っ端から最後まで息切れすることなく無給のインターン、リベンジポルノ、女性蔑視など社会に対する怒りのエネルギーに満ち溢れている。ブラックメタルのようにトレモロでひたすら弾き続けるギターと要所要所でツインを踏むバスドラ、ずっしりと響くベース、空気を切り裂いてくるようなボーカルが一丸となって押し寄せてくる。曲名からメッセージ性が強い2曲目の「Revenge Porn」は6分を超す少し長めの楽曲であるが、展開に緩急があるため不思議と長く感じない。途中優しく語り掛けるようなボーカルは荒天のなかに差し込む太陽の光のような温かさがある。また続く「Feminazi?!」では疾走感のあるビートで曲を牽引し、ツインで踏まれるバスドラが焦燥感を煽る。時折ハードコアやメタルだけでなく、浮遊感や空間を音で埋め尽くし、音の壁を作る要素などポストロックやシューゲイザーなど様々なジャンルを吸収し、一か所にとどめることができないアルバムとなっている。最後の「Iorek」は温かく包み込むようなインストとなっており、ただ怒りと絶望だけでなく、その先の世界を見据えたような終わり方となる。ボーカルであるSerena自身、ハードコア・メタルシーンにおいてハラスメントに苦しんできたとインタビューで語っており、その過去がこのアルバムの怒りの温度を上げている一因となっている。女性ボーカルだからという先入観などを持つことなく、Svalbardというバンドの曲として、アルバムとして聴いてみるべきアルバムである。

「svalbard バンド」の画像検索結果

9.1/10.0

FINLANDS 「BI」

2018年発表の2枚目のアルバム。

 

高音でキュッと鳴る声が特徴であるFINLANDS、今作でも1曲目の『PET』からその音が聴ける。二面性があるという今作は、曲の緩急がハッキリとしている。スピード感があり、途中自由に音を出すギターが特徴の『yellow boost』とゆったりとした『勝手に思って』がアルバムの前半においての速度の二面性がある。また『sunny by』ではベースを主体としたシンプルであるが奥行きのある暗い曲となっている。その直後の『PLANET』は突然の明るい声で戸惑うほどである。後半は『electro』が一番アップテンポの曲で、また四つ打ちのダンスナンバーとなっている『ブームダンス』といった踊れる曲があったり、ゆったりとしたテンポの曲があるなど、バラエティー豊かである。

全体を通してみると高音でキュッと鳴る声は以前に比べると頻出してこない気がする。その一方で優しい声が主体となることで、ここぞというところで効果的に使われており、ヴォーカルの塩入冬湖の感情が入っているところが際立っている感じがある。

「finlands bi レビュー」の画像検索結果

7.5/10.0

The Get Up Kids 「Kicker - EP」

アメリカのエモ、オルタナバンドによる7年ぶりとなる2018年発表のEP。

 

オープニングの『Maybe』からメロディアスなポップパンクの明るい歌とシンプルなギターが印象的である。青臭いメロディーが突き刺さる。特に『I'm Sorry』はイントロから青臭さが一段と際立っており、歌詞もなんだかへっぽこな人を歌ったかのような歌詞であるが、疾走感がありながらどこか能天気な感じのメロディーが哀愁を誘い、90年代の歌だといった感じの曲である。

収録は4曲のみで、疾走感とポップなメロディーが全編にわたってあり、12分強ではあるが短く感じる。

f:id:tortillarhcp:20180731204350p:plain

7.3/10.0

The Fever 333 「Made an America」

ヴォーカル、ギター、ドラムという編成で2017年に結成されたバンドによる2018年発表のデビューEP。

 

フロントマンであるJason Aalon Butlerは、2017年に解散したLETLIVE.というポスト・ハードコア・バンドのヴォーカル、NORMA JEANの初代ヴォーカリストによるバンド THE CHARIOTの元ギタリストであるStephen Harrisonと、テクニカルなポスト・ロック・バンド NIGHT VERSESでも活躍するドラマー、Aric Improtaによるスーパーグループでもある。2018年のフジロックにおいて激しいパフォーマンスとパンツ一丁で演奏する姿で心を奪われた人も多いであろう。

 

RATMを彷彿とさせる攻撃的で切り裂くようなヴォーカル幕を開ける表題曲『Made an America』で幕を開ける。ただのラップロックというだけでなく、観客も一緒に歌えそうなサビや頭を振りまくれる低偏差値ブレイクダウンなどかなり凝った楽曲である。『We're Coming In』ではひたすら「Motherfucker」と叫び続けるかなりライブでは暴れる曲になりそうである。全体的に叫び、激しい印象であるが、『Soul'd Me Out』などで時折見せる美しいメロディーに心を奪われる。RATMなどのようにただ怒りをぶつけるだけでなく、計算された美しさとテクニカルさ、キャッチーさがある。

「the fever 333」の画像検索結果

8.7/10.0

Cancer Bats 「The Spark That Moves」

カナダ発のハードコア、ポストハードコア、メタルコア、スラッジなどを含有した4人組による6枚目のアルバム。

 

1曲目「Gatekeeper」重たくグルーブメタルを彷彿とさせるような思わず頭を振りたくなる重たくうねるリフでLamb of Godをイメージさせる。続く「Brightest Day」はサビでブレイクダウンを挟むなどメタルコア的手法も垣間見れる。続く「We Run Free」は最初から最後まで駆け抜けていくハードコア的速さがある楽曲である。「Space and Time」はスラッジ的な粘りつくメロディーとリフが印象に残る。「Bed Of Nails」はシンガロングで盛り上がりそうなポップなメロディーと暴れまわるベースが印象的である。「Rattlesnake」でもシンガロングで盛り上がりそうなメロディーが印象的である。最後の「Winterpeg」はベースのどぎついイントロから始まり、盛り上がる曲となっている。

ハードコアの要素というよりLamb of Godのようなグルーブメタルの印象を与えるリフやピッキングハーモニクス、曲の構成となっている。アルバム自体はおよそ35分とコンパクトにまとまっており飽きることなく頭を振りながら聴き通せる。

「cancer bats spark that moves」の画像検索結果

8.2/10.0

チャットモンチー 「誕生」

現在の日本を代表するガールズバンドといっても過言ではないほど有名なチャットモンチーの最後のアルバム。

 

二人体制になってエレクトロニカに重きを置いたアルバムとなっている。『たったさっきから3000年までの話』では未来への期待、不安などを歌っている。途中の疾走感はまるで未来へタイムスリップしているかのようなサウンドである。またDJみそしるとMCごはんとの共演である『クッキング・ララ』というようなHip-Hopの要素を加えるなど新しい試みもみられる。『やさしさ』を思い起こさせる「ダメダメ」「雨」という歌詞が入っている高橋久美子作詞の『砂鉄』はそれまでのチャットモンチーの歴史を感じさせる。名曲である『恋の煙』をベボベ小出祐介と歌った同期Verでは褪せることのない、どのようにアレンジしても変わらない新しくもあり、変わらずもあることを示している。『たったさっきから3000年までの話』では未来を歌っているが、アルバム全体では高橋久美子の歌詞提供や橋本絵莉子の息子がコーラス参加などチャットモンチーの過去、現在、未来を総括しているアルバムでもあるのかもしれない。たくさんの思い出をありがとう、さようならチャットモンチー

f:id:tortillarhcp:20180730221649p:plain

7.2/10.0

SWARRRM/killie 「耐え忍び霞を喰らう」

2017年発表のスプリット。2018年にセカンドプレスされた。

 

SWARRRMではアルバム『こわれはじめる』にも収録されている『愛のうた』と『あなたにだかれ こわれはじめる』が収録されている。騒々しいグラインドコアの演奏の中で歌謡曲のようなメロディーを唸りながら歌う。

一方killieの方は、『お前は労力』と老人の仕事とも関わりのありそうな名前の11分超の長尺曲となっている。途中SleepのようなDoomで煙たいなリフを挟むなど老人の仕事でみせたSleep愛がここにもあるようである。歌詞は激しく労働体制を批判するかのような鋭いものであり、ハマる人と絶対に受け付けられない人とがはっきりと分かれるような過激な歌詞である。特に途中の「通勤電車に闘志は燃えているのか」や最後の語りの部分の「生きるために犠牲は必要だそもそも人口が多いんじゃないか?お前が弾き飛ばして殺した貧乏人」など強烈な歌詞がそろっている。ただ「福島に咲き誇る桜」など微かに未来に期待するかのような歌詞がちりばめられ、ただ絶望だけを歌ったわけではないような不思議な魅力があふれた歌である。

わずか3曲のみの収録で3,000円のLPであるが、これを安いと思うか高いと思うかは聞いてからではないと判断できない代物である。

8.7/10.0